会社方針

会社方針

 過去にフレンチブルドッグを創って来ましたが、その当時、私の理想とするフレンチブルドッグは、
何よりも 見た目重視でした。展覧会に向けてのフレンチブルドッグらしさ、外見で存在感がどれだけあるか
という容姿にかなり重点をおいてきました。

 しかし、私もそれから10数年時を重ね、犬と人との繋がりは何か?と考えが変わり、長年連れ添っていくパートナーを創るという意味では、可愛らしさはもちろん、それよりも人に対して純情で賢く、飼いやすい性格のプードルやチワワに重点を置き、そこにこだわっていきたいと考えております。

 今はまだ行動には移せていないのですが、近い将来、老人や体の不自由な人に対してもアプローチ
出来るようなセラピー犬などにもチャレンジしていきたいと思っております。
 
 立派なことは出来ませんが、少しでも社会貢献出来る会社にしたいと志しております。

 そして、最近ネットで騒がれている悪徳繁殖ブリーダー。ペットショップで売られている犬が全て
悪徳ブリーダーに繁殖された犬ではありません。

ネットにあげられている悪徳ブリーダーの特徴としましては、
① 犬舎の見学をさせてくれない。
② 仔犬の親を見せてくれない。
③ 条例で定められた日数が経っていなくても平気で仔犬を譲渡する。
④ 購入後のしつけの相談を受け付けない。
⑤ 動物取扱業者登録番号を教えてくれない。

などですが、当犬舎では決してそのような事はなく、スタッフ一同愛情を持って犬に接し、
毎日個体別の状態に合ったこだわりフードと新しい水も欠かさず、衛生的な環境を保ち、
健全性を最優先して健康管理しています。当たり前のことですが。

 私はこの記事を見た時に、同じブリーダーの立場として、とても心を痛めました。
そして、怒りがこみ上げてきました。一部のブリーダーがこのような残虐な仕打ちをしたせいで、
きちんと愛情を持ってお世話している(育てている)私達も同じくくりにされ、
ペットショップ=悪徳繁殖ブリーダーから安く仔犬を買い売っているというイメージを与えられたのですから。
 当犬舎はいつでも見学を受け付けていますし、見られて困らない衛生管理をしております。
是非、あなたの目で確認して下さい。

 また、仔犬の譲渡は条例で定められた日数(現在49日)を過ぎるのは当たり前で、その期間は
親、兄弟といつも一緒にして、親から学ぶこと、兄弟間で学ぶことが大切だと考えております。

 もちろん飼い主さんになる方にも、きちんと犬を飼える環境であるか、今までに犬を飼ったことはあるか、経済的な余裕はあるかなど、厳しいようですが質問させて頂きます。
飼われた後のケアーこそがプロとしての最大の役目と考えております。

 仔犬の成長具合、フードの量や種類、トイレや散歩のしつけ、飼われた後のより良いわんこ生活を
送ってもらう事こそ犬を飼う醍醐味(だいごみ)です。
 その為のアフターケアーは何年経とうといつでもご相談ください。
犬に携わり18年になります。数年やってきたわけではありません。
この先もあり続ける事によって、いろんなケアーも可能だと考えております。

 

 

 

 


EGOISTE

CEO